2006年08月18日

オシム2戦目

さて、少し遅くなりましたが、アジアカップ予選を見て・・。

実は前のトリニダート戦も、途中で寝ちゃったんですよね。

退屈だったのかなぁ、試合が。

ただ、眠りにつく時、安心して眠った記憶があります。

何ていうか、方向性は間違っていないので、しょっぱい試合でも、ある種の安心感はありました。

その根拠は・・・。

選手のやる気、目の色が違うことが最大の理由です。

満足のいく結果を残せなかったアテネ世代。いつも控え扱いだった遠藤。ディフェンスの穴扱いされてい

たサントス。みんな必死さが感じられました。

ジーコの時の選手も必死に頑張っていたけど、オシムの時とは質が違うように思います。ジーコの時は暗

闇の中、何かを捜し求める必死さ。オシムの時は難解な設計図をもとに何かを形作る必死さ・・・とでも

いうべきか。上手く言えないけどそんな感じです。

オシムがどんなチームを完成させるのか、今のところ楽しみです。
posted by seesaa_test at 04:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。