2006年08月20日

亀田大毅、1RKOで虎舞竜「ロード」熱唱! 公約通りアンコールも

“浪速乃弁慶”亀田大毅のプロ第5戦が20日、神奈川・横浜文化体育館で行なわれた。 インドネシアのフライ級王者ウィド・パエスと対戦した大毅は、ゴングが鳴るとガードを上げて前へ出るこれまでと変わらぬ“亀田スタイル”。足を使うパエスを逃がさずロープへ詰めると、左ボディーを効かせてから左フックを決め最初のダウンを奪う。なんとか立ち上がったパエスだが、ダメージは明らか。大毅は走るように距離を詰めると、さらに左フックと右ストレートをフォローし、わずか1ラウンド1分45秒で試合を終えた。

 恒例となっているKO後の歌唱パフォーマンスは虎舞竜の「ロード」。さらにこの日は予告どおりアンコールに応え、続けてT−BOLANの「Dear」を熱唱。快勝に上機嫌の大毅は「また会おうぜ!」とマイクで叫ぶとリングを後にした。
posted by seesaa_test at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22596702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。