2006年08月20日

日本、ブラジルに完敗=女子バレー・ワールドGP

ワールドグランプリ女子バレーボールの東京大会(予選ラウンドA組)最終日は20日、東京・有明コロシアムで2試合を行い、世界ランク7位の日本は同2位のブラジルに0−3で敗れ、2勝1敗で予選ラウンド第1週を終えた。ブラジルは3連勝。
 日本は第1セットこそ木村、荒木(ともに東レ)が左右から相手の動きをよく見てスパイクを決め、善戦したが、続く2セットはブラジルの多彩で力強い攻撃に突き放された。
 2敗同士の対戦はキューバが韓国を3−0で下した。 
posted by seesaa_test at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22596855

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。