2006年08月20日

亀田大毅、1RKOで虎舞竜「ロード」熱唱! 公約通りアンコールも

“浪速乃弁慶”亀田大毅のプロ第5戦が20日、神奈川・横浜文化体育館で行なわれた。 インドネシアのフライ級王者ウィド・パエスと対戦した大毅は、ゴングが鳴るとガードを上げて前へ出るこれまでと変わらぬ“亀田スタイル”。足を使うパエスを逃がさずロープへ詰めると、左ボディーを効かせてから左フックを決め最初のダウンを奪う。なんとか立ち上がったパエスだが、ダメージは明らか。大毅は走るように距離を詰めると、さらに左フックと右ストレートをフォローし、わずか1ラウンド1分45秒で試合を終えた。

 恒例となっているKO後の歌唱パフォーマンスは虎舞竜の「ロード」。さらにこの日は予告どおりアンコールに応え、続けてT−BOLANの「Dear」を熱唱。快勝に上機嫌の大毅は「また会おうぜ!」とマイクで叫ぶとリングを後にした。
posted by seesaa_test at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

オシム2戦目

さて、少し遅くなりましたが、アジアカップ予選を見て・・。

実は前のトリニダート戦も、途中で寝ちゃったんですよね。

退屈だったのかなぁ、試合が。

ただ、眠りにつく時、安心して眠った記憶があります。

何ていうか、方向性は間違っていないので、しょっぱい試合でも、ある種の安心感はありました。

その根拠は・・・。

選手のやる気、目の色が違うことが最大の理由です。

満足のいく結果を残せなかったアテネ世代。いつも控え扱いだった遠藤。ディフェンスの穴扱いされてい

たサントス。みんな必死さが感じられました。

ジーコの時の選手も必死に頑張っていたけど、オシムの時とは質が違うように思います。ジーコの時は暗

闇の中、何かを捜し求める必死さ。オシムの時は難解な設計図をもとに何かを形作る必死さ・・・とでも

いうべきか。上手く言えないけどそんな感じです。

オシムがどんなチームを完成させるのか、今のところ楽しみです。
posted by seesaa_test at 04:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カヌー:夏休みの富士五湖、人気高まる /山梨

夏休みの富士五湖はカヌーの「メッカ」と化している。自然に触れるエコツーリズム人気の高まりもあり、河口湖(富士河口湖町)を中心に、レジャー用カヌーでにぎわっている。
 同町観光課によると、5〜6年前から修学旅行や研修の一環としてカヌー体験を取り入れる学校や企業が増えているという。中でも河口湖は富士山が壁になって風が弱く気候も涼しいため、多い日には約40艇が夏の湖面をにぎわせている。
 レジャー用カヌーはまだ珍しく、短い時間でコツを覚えられる。また、2人1組で息を合わせて思う方向に進ませる楽しさも人気の理由。家族3人で河口湖を訪れ、初めて体験した東京都三鷹市の会社員、山本聡さん(42)は「富士山の麓(ふもと)で自然に包まれながら、自分で漕いで湖面を進んでいくのが気持ち良い。小学4年の娘にアウトドアの楽しさを知ってもらうのにはうってつけです」と汗をぬぐいながら笑顔で話した。【藤野基文】
posted by seesaa_test at 03:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全米プロ開幕、谷原が14ホールまで1アンダー

【メダイナ(米イリノイ州)=臼田雄一】男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権(メダイナCC、パー72)が17日、開幕した。

 距離7561ヤードと、パー72のメジャー大会としては、史上最長コース。

 全英オープンで5位に食い込むなど好調の谷原秀人は、インからスタートし、15、16番で連続バーディーを奪うなど14ホールを終えて1アンダーと好スタート。

 メジャー2連勝を目指すタイガー・ウッズ(米)と昨年のこの大会を制したフィル・ミケルソン(米)もインからスタートし、前半を終わってともに2アンダー。

 丸山茂樹は、世界ランク3位のジム・フューリク(米)らとアウトから、午後零時55分(日本時間18日午前2時55分)にティーオフする。
posted by seesaa_test at 03:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水谷建設脱税事件、東急建設支店長が聴取後に自殺

水谷建設脱税事件に絡み、東京地検特捜部から参考人として事情聴取を受けていた中堅ゼネコン「東急建設」(東京都渋谷区)の東北支店長(58)が、15日に都内で自殺していたことが分かった。

 関係者によると、支店長は福島県発注工事などに関連し、複数回、聴取を受けていたという。

 同事件で特捜部は、佐藤栄佐久・福島県知事の実弟が経営する会社や実弟宅、準大手ゼネコン「前田建設工業」本社などを捜索。同県からも県発注工事の入札関係書類などの任意提出を受け、県職員や受注業者らの聴取を進めていた。

 県の入札調書によると、東急建設は他の建設会社と共同企業体(JV)を組み、同県が2000、03、04年に実施した下水道整備工事の入札に参加。04年8月の入札では、同社などのJVが福島市内の下水道整備工事を8億1690万円で落札した。前田建設工業のJVもこれらの入札に参加しており、関係者はこの工事に関しても聴取を受けていたという。
posted by seesaa_test at 03:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。